火曜日, 12月 02, 2008

Indian Creek Photo Gallery

今回はインディアンクリークでちょくちょくとクライミングの写真を撮っていたので、その一部を載せます。協力してくれた中原栄くん、今井考くん、純一さん、のりこさん、ありがとう。ビレイしながらでは分からないクライマーの葛藤を見るのはとても面白い。そして、自分は彼らのようにぎりぎりまで葛藤しているのだろうか、と振り返ったりもする。とくにトラッドクライミングはプロテクションの懸念が常にあるので余計表面に出てくるのかもしれない。よい刺激を貰いました。


今井考 on Brother from Another Planet 5.12-
トップロープで触ってみたけど出来そうで出来ない異次元ムーブ



中原栄 on Coyne Crack 5.12-
強さを生かしたある意味独創的な登りだった
ジャミングだけがクラッククライミングではないのだね



Broken Tooth Wallの誰もがハマるアップルート
今井考のオンサイトトライ



中原栄 on King Cat 5.11+
トポの表紙を飾るCat Wallの看板ルート



松永純一 on Unnamed
Broken Tooth Wallの長いシンハンドルート



中原栄 on Inflictor 5.12-
核心部は5.13を感じるデッドポイントだったそうな
撮影する喜びを感じさせる気迫のこもった1時間かけてのオンサイト


クライミングフォトグラファー志望。機会があればじゃんじゃん撮りますので、北米にお越しの際はひと声かけてください。

4 件のコメント:

芦屋マダム さんのコメント...

こんにちわ。今年は貴方のお陰でカナダの自然に触れることができました。そしてクライミングの映像をたのしむことができました。
体に気をつけてお仕事してください。来年も会えると良いなあ。

Jiro さんのコメント...

芦屋マダムさん

それにしても、すごいネーミングですね。楽しんでいただけて大変光栄です。来年からはクライミングガイドデビューもしますので、ぜひお越しください。もちろんハイキングの方もやってますのでお気軽に。
乾いた岩が待ち遠しいですね~。

芦屋マダム さんのコメント...

えっ、こんな簡単に連絡がとれるんだ。
友人に、カナダを紹介して、ヤムナスカも紹介したのだけど、通じるのか心配してました。私の失くしたカメラが送られてきたり、南部氏のめがねが送られてきたり、お礼を言いたかったのに、ヤムナスカにメールしたけど通じてないようだったのでどんなもんだろうと思ってました。先日も4人の仲間と松坂焼肉をたべ、大阪をうろつきました。5月には氷見に白海老を食べに行く予定です。
クライミングは無理だけどユーコンを目指してます。また紹介しておくれやす。

Jiro さんのコメント...

芦屋マダムさん

なるほど、どなたか分かりましたよ。その節はありがとうございました。

日本はおいしいものがたくさんあっていいですね。カナダには良い温泉と各地のおいしいものが足りない!こういうところで日本を恋しくなります。秋の紅葉ハイキングとオーロラは特に良いですよ。近々オーロラの撮影ができたらアップします。そう、今はユーコンにいるのです。こっちで年越しです。