土曜日, 2月 21, 2009

2/18 Ice Climbing ”Weeping Wall Left Hand" 160 Ⅱ,4

Weeping Wall 取り付き 露出している岩の左を登りました

ショートアイストリップ二日目はアイスフィールドパークウェイに場所を移し、誰もが見上げるWeeping Wallへ。駐車場から15分で取り付けて、日当たりもよく(その代わりコンディションは変わるけど)、とにかくでかい。やはりカナディアンロッキーでアイスをやるならこれに触っといた方が良いでしょう。夏にハイキングでこられた方はやけに湿った壁を見上げたと思いますが、冬はこんなに立派な滝がかかるんですね。冬のロッキーも美しいところですよ。

登ったのは一番易しい"Left-Hand"。1pは60mで淳也がリード。簡単な30mからやや傾斜のある30m、そしてセミハンギングビレイ。一度自分のリードで登り始めるが中間まで来て急に大きい方を模様してしまい緊急のローワーダウン。危なかった。

1pをフォローする自分

2pは40m。ビレイ点の場所が悪くもろにアイスを落としそうだったのでやや難しい左へトラバース気味に登る。コンディションは最良ではなく大きなマッシュルームなんかを結構落とした。淳也に直撃するんじゃないかと思いひやひやものでした。3pは簡単な40mで木ビレイ。

3P をリードする淳也 太陽が当たりだすとかなり暑いです

下降は向かって左にあるガリー"Snivelling Gully"のさらに左に位置する木からラッペルすると、ガリー左の岩壁のアンカー沿いに下りることができます。"Snivelling Gully"にクライマーがいても気にせず降りれるのでいくつかある下降ルートの中でも一番良さそうです。最初のアンカーの木は侵食で倒壊しそうなのもあるので注意です。

現在のコンディションはこんな感じ
Upper Weeping Wall はあまり氷がありません
下の大きいほうだけ登りました

Time:
取り付き 8:30
終了点 12:45
取り付き 15:00

3 件のコメント:

芦屋マダム さんのコメント...

嘆きの壁を検索しました。有名なカナディアンアイスなんですね。緊張して模様したのでしょうか?笑ってしまいました。格安ツアーで、開門、韓国岳を登ってきました。開聞岳から、錦江湾、長崎鼻がきれいでした。カナダのことPRしておきました。

芦屋マダム さんのコメント...

嘆きの壁は、アイスカナディアンで有名なんですね。検索しました。すごい涙。緊張から模様したのでしょうか?何のことかと初めわからなくて理解できて笑ってしまいました。格安ツアーで開門、韓国だけを登ってきました。穏やかな錦江湾を眺めました。インタビュウも読ませてもらったよ。ツアーの人たちにカナダのこと、うっとり宣伝しました。
コメントしたんだけど反映して無いみたいなんで再度しました。だぶっていたら削除してね。

Jiro さんのコメント...

芦屋マダム様
九州での我がカナディアンロッキーの宣伝ありがとうございます。カナダドル安なんで皆さん気軽に遊びにきてもらえるといいんですけどね。4月から飛行機のサーチャージもさらに安くなりますよ。
ここは本当にアイスフォール天国。たまにアプローチの長いルートに行くとついつい文句が出ます。日本の氷爆と比べたらそれでもはるかに近いはずなんですが。贅沢な話です。